さっちゃんのまじめごはん日記

レストランや給食施設で調理師として働いていた管理人が日々の食事をつづる日記です。普段は節約料理中心で季節のイベントなどの料理は少し振り切って作ったりします。よかったら見てくださいね・*:.。. .。.:*・( ´∀`)!

レタスと食べるのも好きです《鶏もも肉の味噌焼き》

先日1ヶ月振りくらいにお肉が安い生鮮市場に行ってきました。鶏もも肉が100g68円で地域最安値なので買ってきて味噌漬けにして焼きましたよ。

他にはキノコやかまぼこも入った具沢山のすまし汁を作りました。


f:id:pzero:20181204211946j:image

鶏もも肉の味噌焼きの作り方です。

合わせ味噌を作ります。今回は味噌・濃口醤油・酒・オリゴ糖・砂糖・おろししょうが・にんにくを混ぜ合わせて作りました。


f:id:pzero:20181204212631j:image

鶏ももは分厚く火が通りにくい部分があったら包丁で切れ目を入れて開いておきます。

ビニール袋に合わせ味噌と鶏もも肉を入れてよく馴染ませた後しっかり縛って冷凍します。その日に調理するより中まで味が染みてくれて美味しくなりますね。今回は2日程冷凍していました。


f:id:pzero:20181204212643j:image

調理する前日に冷蔵庫に移し解凍しておきます。

余分な味噌を落として火が通りやすい様にフォークで穴を開け、220℃で予熱したオーブンで20分程焼きました。


f:id:pzero:20181204212820j:image

焼き上がった画像です。こんがりと焼き色もついて美味しそうな焼き色になってくれました。荒熱が取れたら切り分けてレタスの上に盛り付けます。一緒に食べるとドレッシングをかけなくてもレタスも美味しく食べられますね!


f:id:pzero:20181204213019j:image

 

《今回のポイントや注意点》

☆味噌焼きをするとき鶏ささみや白身魚など淡白な素材の時は隠し味にマヨネーズを入れていますが、鶏ももは脂っこいので入れませんでした。

☆味噌を絡めたあと冷凍保存しておくとすぐに調理するより中まで味が染みて美味しくなりますが解凍に時間がかかるので前日に冷蔵庫に移しておかないといけない事が難点です。どうしても急いで解凍したい時はもう一枚ビニールに入れてしっかり縛った状態で流水解凍する事もあります。

 

すまし汁の作り方です。f:id:pzero:20181204213225j:image

干し椎茸・しめじ・かまぼこから旨味がでるので今回は出汁は取りませんでした。中央の緑の野菜は小松菜です。下茹でしておいて色が悪くならないように食べる直前にくわえました。  かまぼこも色が飛びやすいため、小松菜と一緒に後で加えます。


f:id:pzero:20181204214300j:image

大根・人参・しめじ・干し椎茸(戻し汁ごと)を火にかけ大根が柔らかくなるまで加熱します(8分加熱しました)。

大根に火が通ったらかまぼこと小松菜を加え更に1分間加熱します。


f:id:pzero:20181204214313j:image

料理酒・めんつゆ・塩で味を整えて完成です。


f:id:pzero:20181204214421j:image

《今回工夫したこと》

☆普段はすまし汁は薄口醤油で味を整えていますが、かまぼこを入れて1分間加熱したあとに味見をしましたがもう少し旨味を足したくなったので今回は薄口醤油の代わりにカツオエキス入りのめんつゆとなるべく茶色くならないように塩を加えました。

 

こってり味の鶏ももとあっさり味のすまし汁、バランスよく仕上がったかなと思います!息子は先にすまし汁を食べて鶏もも丼にして食べていましたよ~!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ランキングに参加しています。

[http://www..com/にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村:title]

[http://www..com/
おうちごはんゆランキング:title]