さっちゃんのまじめごはん日記

レストランや給食施設で調理師として働いていた管理人が日々の食事をつづる日記です。普段は節約料理中心で季節のイベントなどの料理は少し振り切って作ったりします。よかったら見てくださいね・*:.。. .。.:*・( ´∀`)!

黒豆は熱湯で戻しています。

さっちゃんです!黒豆を炊きました~!


f:id:pzero:20180925211647j:image

栗きんとんと同様、介護施設等ではおやつとして一年中作っていました。ちょっと時間は掛かりますが、煮るだけで良いので簡単ですよね。

豆の品種とかは特にこだわりはなく(施設で作っていた時は予算の関係で安い豆を使っていた事もあり)普段自宅では激安スーパーに売っている北海道産を購入する事が多いです。

今回の砂糖は『きび赤砂糖』というものを加えました。砂糖の分量は黒豆に対して30%~50%加えています。今回は甘味の半分はオリゴ糖でつけました。赤砂糖でミネラル補給とGI値を少しでも減らし、オリゴ糖で少しカロリーを減らせれば良いけどなあ・・・と思いながら・・・。


f:id:pzero:20180924031607j:image

黒豆を戻す前にザルに入れて優しく洗います。さっと三回水を替えました。

黒豆・砂糖・オリゴ糖を熱湯で戻します。


f:id:pzero:20180924031721j:image

お湯、投入!!

ザーーー!!!!


f:id:pzero:20180924031806j:image


f:id:pzero:20180924031815j:image

お湯に浸けた直後の黒豆です。紙を丸めたみたいにまだクシャクシャシワシワです。(膨らんでいく課程なんでしょうね~)


f:id:pzero:20180924031956j:image

 

昔読んだ本には最初に砂糖の半量と熱湯をいれ、残りの砂糖は黒豆が戻って煮る時に入れる、と書いてありましたが、最初から全部の砂糖を入れても問題ないみたいなので、最近は戻すときに全部の砂糖を加えています。

スプーンですくった豆も戻して、蓋をして一晩まちます。次の日が楽しみです!


f:id:pzero:20180924032050j:image

次の日蓋を開けて戻した豆を確認した画像です。無事にパーンと膨らんでくれました。


f:id:pzero:20181001203429j:image

火をかけコトコト煮ていきます。熱い時に煮汁から出ると豆にシワが寄ってしまうので途中で水を足しながら豆が煮汁から出ないようにします。

二時間経ったら火を止めてそのまま冷まします。

冷めた頃に再び3分位火を入れ味見をして豆の固さと甘味がしみているかの確認をしました。一応食べれる程度には柔らかくなっていましたがまだ芯がある感じですし、今一つしみていませんでした。

再加熱します。ちょうど良い固さ、甘さになるまで加熱・冷却を繰り返します。

4回再加熱した時の画像です。この地点でかなり美味しくなっていましたが、個人的な好みはなめらかなさつまいもぐらいの食感にしたいのでもう一度加熱しました。


f:id:pzero:20180925211801j:image

最終的に5回程加熱・冷却を繰り返して完成するまで丸2日程かかりました。

 

急ぐ場合は最初の加熱時間を長くして急速に冷やすと良いと思います。圧力鍋があるともっと早くできますね(うちは狭いので使っていません(泣))


f:id:pzero:20180925212002j:image

ツヤツヤの黒豆、小学生の頃給食ではじめておそるおそる食べたら意外にも美味しかった事を覚えています。(自宅のおせち料理に入っていても食べていませんでした)

給食関係に勤めだして(時間はかかりますが)意外と簡単に出来る事を知ってたまに作るようになりました。目にも良いのもいいですね~!

最後までお読み頂きありがとうございました!

ランキングに参加しています。

[http://www..com/にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村:title]

[http://www..com/
おうちごはんランキング:title]